美容師さんシャンプーを売らないでください!

どうもヒロユキです。
さて今回のタイトル・・・
???と思っている方も多いでしょう。
シャンプーを売っちゃダメということではありません。
どういうことかと言う結果から申しますと
「シャンプーの事を知らない理美容師さんはシャンプーを売らないでください。」
と言う意味です。
シャンプーの事をしっかりと理解をしお客様にご提供できている理美容師さんは全国でどれくらいいるでしょうか?
お客様に提案・提供しているのに自分が使っているシャンプーは市販品なんて理美容さん・・・たくさんいますよね。
このシャンプーを作るのにメーカーの研究者や製作者の人たちがどのような思いで作ったか?
そしてそれをサロンに提供するディーラーの方たちがどれだけ勉強しているか?
悩んでいるお客様はどのような思いで毎日悩んでおられるか?
そのような事をおもえばシャンプーという一つの商品ですが、実はとても大切で、そして多くの方たちが関係をしているのです。
それを安易な考えで売っては欲しくないです。
なぜか?
安易に「このシャンプーいいんだよ!!」なんて感じで売ってしまえばそのシャンプーの価値は下がってしまいます。
売られたお客様は「値段はいいからいいものなんだろうけど、本当に効果があるのかな?」と最初から疑いモード。
最初から信じて使うのと疑って使うのとでは大きな差が結果に現れます。
人には「プラシーボ現象」というものが存在します。
せっかくいい物も勧め方で台無しになります。
せっかくのメーカーや研究者の思いも台無し。
そしてお客様は・・・「サロンのものは高いだけで大して効果が感じられない」と。
シャンプーを知るということは
シャンプーの特徴、シャンプーの必要性、シャンプーの位置付け、お客様の悩みに応じたシャンプーの仕方などなど勉強をしなければ分かり得ないことが満載。
そこまで勉強のできない理美容師さん、是非シャンプーを軽々しく売上のためだけにそしてお店のノルマのためだけに売らないでください。
本当に価値のあるものそして業界自体の価値が下がってしまいます。
私たちは何のために存在するのか?
ただスタイルを作っていればいいのか?
極力ダメージを抑えてお客様のご要望のスタイルを作っていればいいのか?
理美容師ってなんでしょうか?
私たちが今ここでこういう仕事ができているのも目ではなかなか見ることができませんがいろんな方たちが関係性を持っているからこそ今があります。
それを無駄にし価値を下げないでください。
よろしくお願いします。
ヒロユキでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする