それでもホームカラーを続けますか?

どうもヒロユキです。
今回はホームカラーのことについて書きます。
いまやご自宅でヘアカラーをなさっている方も多いのではないでしょうか?
理由としては「手軽・安い」それが一番の理由ではないでしょうか。
他にもあるとは思いますが。
でも安い・手軽のホームカラーを続けていくとどうなるか?
「頭皮・髪はボロボロ・髪は細くなり薄くなってくる・最悪毛が抜けてしまう。」
さらにはそれが悩みに変わり余計に症状悪化。
それでも皆さんはホームカラーを続けますか?
ではなぜホームカラーはそのような状況になってしまうのか?
サロンカラーとホームカラーの違いを簡単に説明。
使用するカラー剤自体に大きな差はありません。
強いて言うならホームカラー剤の方が髪や頭皮に薬剤が残りやすいという点です。
でもその他に大きな差があります
それが
①「髪質やダメージに合わせた薬剤選定。そして塗り分けやカラーリングができるかできないかの判別が理美容師さんはできます」
②「カラーをするにあたってダメージを最小限に抑える処理ができる」


これが最も大きな点です。
ホームカラーでは髪質やダメージに合わせたカラー剤の選定はできませんし、自分の頭皮がどうなっているのか髪がどのような状態なのか、その現状でカラーができるのかできないのかの判別は一般の方には難しいと思います。
そしてカラーをするにあたってダメージを抑えるための処理は一般の方にはできません。
そのような状況でカラーをすると頭皮や髪の状態はどんどん悪化の一途を辿ります。
使用した薬剤はシャンプーをしたくらいでは髪や頭皮から全てを落とすことは不可能!
薬剤が髪や頭皮に残留している状態で放置すると・・・
言うまでもありません。
みなさんこんな経験ありませんか?
「最近色の染まりが悪い・色の持ちが悪い・・・など」
原因は・・・。
染まっていれば髪がボロボロでもいいのですか?
染まっていれば頭皮や髪がどうなってもいいのですか?
特に白髪染めをしている方・・・気をつけましょうね。
白髪になるということはどういうことか?
頭皮のバランスが崩れていたり、細胞の老化などで正常に機能していなかったりと・・・
頭皮のバランスが崩れているところにカラーをしてさらに負担を増やすわけです。
そしてその後のケアもせずに一ヶ月後にまたカラー。
早い人は3週間おきなんて方も。
確かに中にはホームカラーをやっても全然痛みなどが気にならないくらい髪が強い方もいらっしゃいます。
しかしその方がそれを1年・3年・5年・・・ずっと繰り返していくとどうなるか?
人間は何でも都合よく考えます。
髪の強い方を見て「あの人ホームカラーをしているのになんでもないから私も大丈夫かも?」なんて都合よく考えます。
自分の髪の状態・頭皮の状態がどうなのか?
それを知るためにはプロでもある理美容師さんの話に耳を傾けることです。
売上を上げたいからサロンカラーを勧めている訳ではないのです。
皆様の髪と頭皮のことを考え上記に書いたようなリスクを知っていただきいつまでも素敵なヘアスタイルでいたいただきたい為にお話をさせていただいています。
「それでもあなたはホームカラーを続けますか?」
行きつけのヘアサロンでもう一度お話を聞き今の自分の現状を知ることが大切です。
サロンでやることの重要性が少しはわかっていただけましたか?

カラー前の処理も大切ですがカラー後の処理が最も大切です。
そしてホームケア!!
いつまでも綺麗な髪を楽しむために。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする