パーマの失敗・・・辛いです

どうもシャンプーソムリエのマックスです。
この前1本の電話が
お客様 「髪のダメージとパーマをなんとかして欲しいんですけど」
マックス 「なるほど。かなり痛んでるんですか?」
お客様 「さっきパーマを別の美容室でかけたんですけどダメージもパーマも酷くて」
マックス 「さっき? えっ? 今日かけたんですか?」
お客様 「はい、先ほどかけました」
こんな会話を電話で話しご来店。
そして




見てビックリ。
今さっきかけたとは思えないほど。
左右でパーマのかかりがこんなに違うのにもビックリだし、髪もコチャコチャ。
正直パーマ覚えたての専門学生の方が上手いんじゃないかと思えるようなパーマ。
マックス 「やってもらった美容室に連絡したんですか?」
お客様 「なんかいろいろ言い訳されたし、こんな髪にした美容室に治してくださいって言ったところで治るとも思えないので」
マックス 「お金は返してもらったの?」
お客様 「いや、もう行きたくないので。」
なんか俺が申し訳なくなりました。
お客様の言っていることは全くの正論。
高いお金を払って失敗され、また高いお金を払って治す。
残ったのはただただ傷んだ髪・・・。
髪を傷ませるために高額なお金を払っただけ。
髪を治しながらなんだかこっちが申し訳なくなりました。
傷んだ髪はもう2度と元に戻ることはありません。
お客様よりも私たちがもっとそこを理解し施術をしていかなければならないはずです。
私たちが扱っているものとは何か?
私たちが行っていることのデメリットは何か?
危険性・それに伴う将来性。
中にはごく少数ではありますが命に関わることにまで発展するケースもあります。
わかったつもり・できてるつもり・やってるつもりではどんどん悪くなる一方です。
技術セミナーを出て勉強するのは大切です。
でも今の時代もっと勉強しなければならないことがあると思います。
このようなお客様を増やさないために。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする