人工甘味料は肥満になる!!

どうもマックスです。

私の趣味でもあるフィギュア集め。

今はワンピースのフィギュアを集めております。

最近エースのフィギュアを買いましたので、赤犬との対戦を再現!!

いいアングルの写真です。

息子と二人で写真の撮りあい。

あっ、引かないでね(笑)

今回のタイトル

「人工甘味料は肥満になる!!」

今の時代人工甘味料はいろんな食品に使われています。

特に多く使われているのが

「飲料製品」

「カロリーゼロ」と書いてあるのに甘いのは人工甘味料のおかげです。

甘いのにカロリーゼロ、なんて夢のようなものなんでしょう。

カロリーゼロだから太らない!

だから安心して飲める。

なんて思ってませんか?

カロリーゼロなのに甘いって?

不思議なことを不思議に思わなくなってませんか?

「コーラで人工甘味料を使用しててカロリーゼロでトクホ」

これが体にいいなんて思ってませんか?

そもそもカロリーがないから太らないって思ってます?

その考え変えたほうがいいかもしれませんね。

人工甘味料は確かにカロリーはないかもしれませんがそれ以上に体に余計なことをしてしまう作用があります。

特に「アスパルテーム」という人工甘味料の入った食品・ジュースなどを毎日摂り続けると満腹中枢が狂ってきます。

レクチンというホルモンに影響が出てきます。

ようは食べても満腹になりにくくなります。

しっかりと食事管理をして食べている方であれば問題は少ないのでしょうが、ただただ腹八分目とか自分の感覚だけで食べているといつの間にか食べる量が増えてしまい結果的に太ってしまう。

満腹中枢に影響が出るということはそういうことです。

もちろん他にも影響は出ます。

それが続けば自ずと病気へと発展していきます。

それは当然髪や肌へと関わってきます。

「甘いけどカロリーゼロだから大丈夫!!」

そもそも太ることとカロリーはそんなに関係性はありません。

健康・痩せる・太る・カロリー・ダイエット

この関係性の勘違いとこれらを商売にしている企業に振り回されている、そんな気がしてなりません。

「痩せる」

いい言葉ですかね?

「戻す」

私はこの言葉の方が最もしっくりくると思います。

生活も変わり、食べるものも変わり、食べる量も増え

だから体が変わるんです。

黙ってても体は変わってきます。

なのに生活・食はのそ逆行で悪くなってる。

それでは健康も老化も悪い方へスピードアップしていきます。

「あの頃は健康的でスタイルも良かった!!」

「健康的」で「スタイル」が良かったんです。

「健康」なんです。

その当時に戻すんです。

痩せるのではなく。

健康的なスタイルに戻すんです。

もう一度「健康」「美」というものを考え直してみませんか?

一旦頭をリセットし基礎・原点に帰ってみましょう。

そこにあなたが綺麗に健康になるヒントが隠されているかもしれません。

当店のホームページはこちらをクリック!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする