パーマ・カラーをしたら髪が良くなるって本当ですか?

どうもヒロユキです。

今日は北見店勤務。
私が来ると必ず起こることがございます
それは
恐ろしくて話せません。
私、恐ろしいまでのポジティブな人間。
でもそんな私でも唯一ネガティブになってしまう瞬間。
そんな出来事が今日も。
その出来事発生率「9割以上!!」
ほぼ100%と言っても過言ではないです。
おそらくその原因はこの方

「ちはる様」のせいではないかと。
この方も俺を上回るプラス思考でプラスのオーラを持っている。
俺が行くことでパワーが増幅しすぎて何かが起こっているのでしょう。
ちはる様の写真をよぉ~くみてください、「後光の光」が出ています www
朝からありがたや ありがたや www
今日こそ顔写真を載せてやろうと思ったいたのですが
「目が腫れているからよろしくなくってよ!」と言われましたので・・・
ちはる様の言うことは絶対ですので。
さて本題を戻します。
よくお客様から言われたり、質問されるのが「パーマ・カラーをすればするほど髪が良くなるって本当ですか?」と。
なんどもこのブログで書きましたが答えは
「NO!!」
やることで一時的に良く見えていることもあります。
特に傷んでいる髪にトリートメントなどをつけてカラー・パーマをすれば良くなったように見えます。
が、良くなっているように見えてるだけ。
それどころか間違いなく髪は「傷んでおります!!」
いいですか「間違いなく痛みます!!」
よく見せることは可能ですが良くはなりません。
やればやるほど悪くなります。
だたし物や技術によっては非常にダメージが少ないものもあるので、それでやればダメージをあまり感じることなくカラー・パーマが楽しめますのである程度繰り返しても気にならない可能性があります。

でもそれも髪質やホームケアの仕方にもよります。
ただ間違いなく言えるのは「大小なりともダメージは起こる!!」ということです。
ですので行きつけのサロンでパーマ・カラー前にしっかりと頭皮や髪の状態を確認してもらい話し合いをしてやるのかやらないのかを決める必要があります。
いつもやっているから大丈夫なんて甘い考えではダメですよ。
お手入れがしやすくかつ素敵なヘアスタイルを作るためには髪や頭皮のコンデションが大切ですよ!
こちらのお客様はカラーの繰り返しなどでこのような状態に。

しっかりとケアをし少しではあるものの

落ち着きが出てきています。
もちろんケアを継続中!!
でもねノーダメージの髪に戻るわけではないのでこうならないようにカラー・パーマ・ケアをして行く必要性があるのです。
今現状の髪のダメージがひどい場合はカラーやパーマ、ケアを見直す必要がありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする