頭皮の汚れ今年のうちに!!

今日はクリスマス。

世のカップルは幸せな日を過ごすのでしょう。

楽しいよね。

わかるよ!わかるよ!

札幌に勤めていた時は「24日」から始まる地獄の日々。

24日から31日まで毎日の平均睡眠時間「2時間」

とにかく遊びまくり。

そして激務。

でもそれが楽しかった。

そんな思いでもありつつ、思い出に浸っていても仕方ないので今を楽しく生きます!!

さてさてここ最近は「艶髪」ばかりを載せていたが、それ以外にもうちは専門的に力を入れている。

それが

「ヘッドエステ」

やはり健康的で綺麗な髪を作るには「頭皮環境」なくして考えることはできない。

もちろんうちは「髪が綺麗になる美容室」です。

生えている髪ばかりを綺麗にするわけではない。

「生えてくる髪も綺麗にする」

だからこそ本当に「健康的で綺麗な髪になるんです」

だから「ヘッドエステ」にも力を入れている。

なので頭皮に悩みを持ったお客様が集まる。

下手をすると頭皮関係の悩みの方が多いのではないかと思うくらい。

大半の方が「ヘッドエステ」を受けている。

特に

「過酸化脂質」が出ている方が多い。

ちなみにこの光って見えるのが過酸化脂質ね。

「過酸化脂質とは」

中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素によって酸化されたもの。
がんや老化・動脈硬化などを引き起こす。

酸化された脂質の総称で、体にとって有毒となる物質です。

体内で中性脂肪から活性酸素により酸化した過酸化脂質は、細胞の中で新たに活性酸素やフリーラジカルを作り、更なる過酸化脂質を発生させてしまいます。
血管内にたまったLDLコレステロールが酸化して発生した過酸化脂質は、動脈硬化などの原因となります。また皮脂が酸化してできた過酸化脂質は、皮膚の細胞を傷つけ、色素沈着やシワの原因を作るといわれています。

体内での過酸化脂質を減らすには、活性酸素を抑える役割を持つ「抗酸化物質」が有効です。
体内にあるスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)やカタラーゼなどの抗酸化酵素のほか、食物から摂取したビタミンCやビタミンE・カロチノイド類・ポリフェノール類などが抗酸化物質として存在しています。

ネット参照

要は体に良くないってこと。(笑)

このせいで頭皮環境が悪くなっている方が多いのね

これをヘッドエステで取り除いたりもするけど、結局は体の中から出て来ているから食生活・生活習慣の改善は必須。

表を取り除いたって次から次へと出てくるんだから。

それでも綺麗にしておくことに越したことはないしそのおかげで髪も元気になる方が多いからうちのヘッドエステは人気がある。

あのよくある頭皮の角質がたまっていてヘッドスパしたら綺麗になる!なんて画像とかでも見たことあるかもしれないけど、正直自分は甚だ疑問を感じるわけです。

その説明をすると長くなるので次回に書かせていただこうと思う。

そうやってあまり書いたことがないからスルーしてしまうかもしれない(笑)

その時はすいません。

なかなかブログに現れずだけど聞きたい方はメッセージでも電話でもください。

やっぱりね頭皮環境はとても大切ですよ。

悪いとカラーもパーマもできなくなるからね。

気にしないでやってしまうありえない美容室が後を立たないけどね。

うちは頭皮環境が悪い方はカラーもパーマもしません。

パーマはかけかたによってはかけることもあるけど、カラーは基本根元も染めるのでね。

なるべく根元につけないように塗布したり、今は「ゼロテク」・・・だったかな?(笑) そんな名前のカラーテクニックもあるので頭皮に対しての負担が少なくできるようになったが、だからと言って状態の悪い頭皮には無理です。

大丈夫なんて判断する美容室もあるだろうが、とにかくうちはダメ!!

うちはまず頭皮環境を整えてからカラーやパーマをします。

だって刺激物をまたはアレルギー物質を塗るんですから。

バリア機能もまともに作れていない頭皮に塗れないでしょう。

いずれ薄毛や変なクセ毛・細毛とかになっちゃうよ。

嘘じゃないよ。

そんな方達を改善して来ましたからね。

そんな方達もうちの指導のもと頭皮環境や髪をいい状態で保っていますよ。

でも人間です、悪くなる時もありますからその都度私たちが適切なアドバイスと施術を行います。

だから「髪が綺麗になる美容室」なんですよ。

うちの「ヘッドエステ」いいですよぉ〜。

改善メニューではあるがめっちゃ気持ちがいいぃ〜。

このモフモフのヒートマットで体も温められながら至福の時間を過ごす。

あなたのストレス「うちのお店に置いて行っちゃってください!!」

そのストレス「浄化」いたします!!

元気で若々しい「頭皮」

あなたも至福の時間とともに頭皮とストレスの浄化をしましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする