トリートメントで綺麗な髪を作ろうなんて甘いっ!!

数あるブログの中から当店のブログを見ていただきありがとうございます。
ケアアドバイザーのヒロユキです。
ちはる様の言うとおり去年の12月からストップしていたトレーニングを最近開始いたしました。

最近運動不足もあったせいか非常に体調も悪く気分もすぐれませんでした。
トレーニングに行こう行こうと思うがそんな気分になれずダラダラと・・・時が過ぎる。
ハッキリ言ってただの言い訳。
お客様に「体調管理は大切です!!」とか「しっかりケアしないと綺麗になりませんよ!!」なぁ~んて言っている俺がこれではイカンっ!!
ということでまた再開しました。
そのせいもあり只今恐ろしいほどの「筋肉痛」
でもこれも2週間目あたりから心地よくなってくるんですよね。
筋肉痛がなくなるとなんだか筋肉が衰えているような気がしてならなくなる。
そして本気を出す為に

「プロテイン」まで購入!!
同業者や家族からは
「何になりたいの?」と言われます。
うちのちーさんなんか
「理美容師にそこまでの筋肉は必要ありません!」
とダメだし。
いちいち俺のすることにイチャモンつけるちー様。
ムカつくから今年の夏はムキムキになって体にオリーブオイル塗ってタンクトップで仕事してやる。 www

こんな体になってやる!! www
ちなみに俺のスマホの着信音は今流行の「ライザップ」のCMの音楽です www
さてさて今回のテーマですが
トリートメントという物を勘違いしている美容師さんそして一般の方が多くいらっしゃる。
未だにこんなこと思っていないかい?
「トリートメントしたら髪が良くなる!!」
「トリートメントしたら髪が綺麗になる!!」って・・・。
う~ん・・・まず
髪は良くなりません!!
でも
綺麗に見せる事はできます。
ここがまず考えなければならないところ。
ではトリートメントのメリットは?
「髪を綺麗に見せる事ができる」
「髪の状態によっては扱いやすくする事ができる」
「カラーやパーマの際ダメージを軽減させる事ができる」
ではデメリットは?
「物によっては髪を傷めたり扱いにくくなる」
「頭皮には良くない」
・・・あれっ意外にないじゃん と思いました?
でも最大のデメリットは
「トリートメントに対する間違った認識!!」
これです。
まずプロでもある理美容師さんが間違った認識をしています。
だから結果がでないのです。
もちろん私も昔はそうでした。
トリートメントを使えば・・・良いトリートメントを使えば・・・トリートメントさえあれば・・・
などと思い過ごしをしてきました。
いろいろ勉強し使ってわかったからこそ今の答えがあります。
結局トリートメントの最大のデメリットは「間違った認識」これです。
特に「良くなる」この言葉
非常にあいまい。
トリートメントを使えば髪のダメージがどんどんなくなるまたは髪が健康になる何て事は今の毛髪理論上ありえない事。
将来的にはわかりませんが
パーマ・カラーの際にトリートメントしたら髪が良くなりますよ!と言われてやっている一般の方もいらっしゃると思います。
上記に書いたように髪のダメージがなくなっているという意味合いではないのですよ。
本当の主な目的は「パーマ・カラーで起こるのダメージの軽減、または髪の保護」なんです
他にもいろいろとありますがここら辺はプロの話ですので。
ですのでトリートメントをどう理解しているかで全く同じものを使用していても仕上がりがかなり変わります。
まずトリートメント頼りにしているサロンではトリートメントをしても大した効果もなく、髪も普通にどんどん痛みます。
結果トリートメントしているのに・・・なんて結果がうまれます。
ですからトリートメントうんぬんの前にやるべきこと、やらないとダメなことをしっかりとやりそれでももっと綺麗に見せたい、もっと扱いやすくしたいそんな時にこそ
「トリートメント」が効果を発揮します。
でも一時的な物だということを忘れずに。
ヘアースタイルを作る時にカラーやパーマをしたりしますよね
それと同じで綺麗や扱いやすいというヘアースタイルを作る為の一つの手法です。
特にダメージがあまりにも酷い場合は必要になります。
トリートメントばかりじゃないですが物事はしっかりと理解しメリット・デメリットを把握しないとうまく効果が出せなかったり、または余計に酷くなる場合もありますからね。
実際に当店にも仲間も美容室にも他店でトリートメントをして髪がボロボロになって来店された方々が多くいらっしゃいます。
なんぼ勉強をしたところで認識が間違っていれば意味をなさない。
ちゃんと勉強をししっかりとした認識を持っているところであれば髪は綺麗にすることが出来ます。
まぁ~まずそこまで勉強しているところは髪をそこまで痛めることなんてないですからね。
じゃぁどういうサロンが良いのかはここでは発言はしません。
うちに来てください。
間違いなく無駄なダメージは作りませんから(笑)
このようにトリートメントと聞けば「いいもの」と想像するかもしれませんが実は使い方、タイミング、使った方がいい髪、使うとダメな髪、といろいろあるのですよ。
特にサロンで行うトリートメントに関しては本当に無駄なものが多い。
いいもの使っているのに・・・
ということが多く存在します。
しっかりとトリートメントというものを知ることそれが大切。
その前に髪を知らないとダメですね。
あっ、一つだけ言っておきます。
散々パーマ・カラーをされて「痛んでいるのでトリートメントした方がいいですね!」なんていうサロンでのトリートメントはやめた方がいいです。
ほとんど効果も感じられないでしょうし下手するとさらに痛みます。
髪のダメージを最小限に抑える最も大事な施術があります。
トリートメントも大切な一つの手法ですがもっと大事な施術があります。
それをしっかりと行うことで格段にダメージの軽減が出来ます。
さぁ~ダメージの少ない髪でスタイルを楽しみましょう!!
H3+のFacebookです。是非「いいね」をおねがいします。
H3+のツイッターです。フォローをお願いします。
コラムラテです。ヒロユキと相馬ちはるがヘアケアコラムを執筆中。
H3+のLINEもオープン。
ID @SQR5243B
お友達申請待っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする