たかがシャンプーされどシャンプー

どうもヒロユキです。
今回はシャンプーに対する思いを書こうと思います。
一般の方も理美容師の方もシャンプーというものをどのように考えてますか?
自分で洗うのと、サロンに行って洗ってもらうのは違いますよね。
理美容師さんもシャンプーに対しての考えは様々だとおもいます。
自分が札幌で働いていた時の事ですが、当時の先輩にこんなことを言われました。
「お客様がお店に来て最初に受ける技術はシャンプーだ。しかも理美容室で受ける技術の中でお客様が最も気持ちがいいと感じリラックスできる時。それだけ大事な技術でもあるし大切な時間でもある。そのとても大切な技術と時間をアシスタントの君たちが行っている。お客様がまた再来してくれるかしてくれないかの大きな一つの要因にもなります。しっかりと責任感を持ってシャンプーをしてください。」
そんなことを言われたのを今でもしっかりと覚えています。
いつも間にかシャンプーはただ汚れを落とすだけの行為となっていませんか?
シャンプーが流れ作業になってませんか?
シャンプー剤・シャンプー方法で髪が良くも悪くもなることを理解しているか?
私は自分の頭を洗うときに、どんなシャンプー剤がいいのか?
どんな洗い方がいいのか?
どうやると気持ちがいいのか?
常に考えて頭を洗っています。
シャンプーってとっても大切だと思っております。
一般の方そしてプロでもある理美容師さん
もう一度見直す必要があると思います。
たかがシャンプーされどシャンプー。
たかがは余計ですね・・・www

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする