教えるのではなく伝える!

どうもシャンプーソムリエのマックスです。
ここ6年、いろんな方たちとお話をさせてもらったり
いろんな同業者の方と勉強会で学んだり、お話をさせてもらったり
そして
お客様としっかりと向き合ってカウンセリングをするようになりました。
そこで学んだことがあります
それは
『伝える』ということです。
教えるのではなく『伝える』
私の中で教えるということは一方通行なんです。
一方通行ではなかなか心は通いません。
心が通わないことをしてもそれはただの自己満足。
心が通う
それには伝えるということが大切
でも伝えるってとても簡単なことではない。
でも心が通うと信頼も生まれてくる。
利害関係で付き合うのは簡単。
簡単だからすぐに切れる。
信頼関係はそうはうまくは作られない。
だから簡単には切れない。
今までの自分にはそれがなかった。
だからこそもっと人に目を向け、いらぬプライドは捨て、思い込みを捨て、人に感謝する。
自分が変わらなければ相手も変わってくれない。
自分が理解しようと思わなければ相手も理解しようとしてくれない。
自分が教えようとすると相手から学ぶことはできない。
知識や技術を学ぶのはもちろん大切。
でももっと学ぶべきことを何か忘れているような気がする。
いつしかうちらの職業は外見の綺麗さや美しさ、世間的な華やかさばかり追っているように感じる。
そこがメインではあるが何か違和感を感じる。
その違和感が今の自分のコンセプトとなっている。
少しづつでもいい
少しづつ伝えて同じ考えの仲間が増えその輪が広がることを自分は常に思っている。
だから簡単に結果が出なくても、誰かにバカにされようと自分の信念を貫く。
「伝える」ということは人から「学ぶ」ということ。
だから伝えるって大切。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする