テクニック

ヘナ!ヘナ!!ヘナ!!! 〜ケミカル vs 100%編〜

どうもケアアドバイザーのヒロユキです。
今回は

「ケミカルヘナ」

「100%ヘナ」

についてお話を。
ケミカルヘナと100%ヘナの大きな特徴は?
まずケミカルヘナ

ヘナ意外にも化学物質の染料を用いたヘナカラー剤。
特徴としては化学物質を使用しているため染め上がりの色が安定していて、染めたその日にほぼ希望の色が定着してくれます。
ハーブ・ジアミン(アレルギー物質)・塩基染料・HC染料を入れているため多少の色の幅があり暗くすることが可能です。
早く色を定着させるため酸化剤を用いている。

続いて100%ヘナ
化学物質や添加物など一切含まない物。
100%ヘナはオレンジの色しかなく染めたその日はオレンジになり二日くらい経つと徐々に色が茶色っぽく変化するがケミカルヘナのように色はつかない。
暗くすることは不可能なため、暗く染めたりする場合はインディゴ(豆科の植物で藍色)を用いることで落ち着いた色になる。
100%の場合髪の状態によって色の定着や出方が不安定。
ヘナは基本オレンジ色しかないので色の幅はない。

これが主な特徴の違いです。
なんかこれだけを聞くとケミカルヘナの方がいい気がしますよね。
100%はなんか面倒・・・なんて思いますよね。
でもそんなことはないのですよぉ~。
しっかりとケミカルヘナと100%ヘナを理解することで見えてない物が見えてくる。
何度もブログでお伝えしてますよね

『物事には必ずメリット・デメリットがある』
と・・・
世の中物を売ろうと大してよくもない物をあたかも良い物のようなギリギリの表現方法で消費者にいい印象を与え売ろうとしているメーカーが多く存在します。
その商品を売っている人・提供する理美容師たちも基礎となる知識を持ち合わせていなくメーカーの言いなりになってしまいお客様に販売・提供してしまう。
その結果お客様(エンドユーザー)は・・・
という結果に陥ってしまいます。
もちろんたまたま自分に適合されたお客様はラッキーと思いますが。
ケミカル(化学物質・添加物)だから気嫌いをするのではなく
100%だから安心しきるのではなく

しっかりと理解をし『メリット・デメリット』を把握すること
これがもっとも大切!!
次回はもう少し詳しいお話を。

本物の無添加化粧品
ホームページはこちらをクリック!
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村
こちらもクリックをお願いします。

防腐剤や界面活性剤、乳化剤などを使用することなく、肌や年齢を問わず幅広い世代にご使用いただけます。シンプルなラインナップながら、本来あるべきあなたの素肌力を導きます。
商品に関する内容・販売のお問い合わせは特約代理店へ
h3plus.harehina@gmail.com
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
こちらもクリックをお願いします。
ヘアケアコラムを執筆中コラムサイト「コラムラテ」
是非見てください。
「コラムラテ」

今回の執筆内容
こちらをクリック
Facebookのページへの「いいね」もよろしくお願いします。
「いいね」

H3+のLINEもございます。
是非お友達に追加してください。
お悩み相談や・予約などもこちらで受け付けています。

友達追加URL

LINEのQRコードです。

ピックアップ記事

  1. 物事の本質を知る!!

関連記事

  1. テクニック

    またまた夢のような話!

    皆様の大切な時間、このブログを開いていただきありがとうございます。ヘ…

  2. テクニック

    H3+とハーブカラーのコラボ!

    こんにちは〜アンチエイジングアドバイザーの千春です…

  3. テクニック

    どんどん酷くなる俺の頭(笑)

    どうもシャンプーソムリエのヒロユキです。前回もブログに載せましたが…

  4. テクニック

    それでもホームカラーを続けますか?

    どうもヒロユキです。今回はホームカラーのことについて書きます。いま…

  5. テクニック

    ヘナで髪はストレートになりません!!

    どうもヒロユキでございます。しかし北海道の道東の吹雪はすごかったです…

  6. テクニック

    ヘアエステ + ハーブカラー中毒者続出!!

    うちはケアサロンとしていますのでケアメニュー例えば「トリートメント」・…

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 勉強会・セミナー

    また新たなる挑戦!!
  2. サロンについて

    髪の綺麗な人しか集まらないお店
  3. ブログ

    髪質改善ってなに?
  4. 北見の美容室

    ブログ

    お問い合わせ
  5. 身体・健康

    汗をかく重要性!!