ブログ

間違いだらけの栄養学〜其の壱〜

現代の食事は病気になる為の食事

今皆様が摂取しているほとんどの食品は「病気になる為の食事」ということに気づかなければなりません。
基本人間の体は本来生きる為、体を良くしていくようにできております。
体自身が悪い方向に行くことはほとんどありません。
病気になるのはほぼほぼ「食事」のせいと言っても過言ではありません。
テレビを見れば様々な健康法や健康になる為の食事・食品の公表、サプリメントなどの通販など連日のように放送されております。
それを見て健康のためにと様々なものを買い、様々なことを実行する。
でも周りを良く見てください。
病気になる人が減っていますか?
健康になってますか?
2020年には二人に一人が50代という時代が来ます。
まさに高齢化社会。
だから病気になる人が増えてもしょうがないなんて思ってませんか?
老化=病気ではありません。
老化と病気はイコールにはなりません。
確かに人は年とともに老化していきます。
しかし老化をしているからと言って病気ではありません。
そこを勘違いしてはいけません。
病気は老化のせいではありません。
「食事」のせいです。
食事というのは人間生きて行く上で絶対に欠かせないものです。
人間の三大欲の一つです。
その食事の基準や知識が間違いだらけなんです。

炭水化物60%摂取

2015年厚生労働省の「食事摂取基準」には
炭水化物 約60%
タンパク質 約15%
脂質 約25%
を摂取することで健康な体を維持することができると言っていますがこれ自体間違いです。
特に炭水化物60%摂取というところに科学的根拠は何もないそうです。

簡単に説明しますが、食事に最も必要なのは体で合成されないものを摂るということが必要なんです。
タンパク質はアミノ酸から出来てますがアミノ酸には「必須アミノ酸」と言って人間の体では合成されないが体には必要なアミノ酸があります。
脂質も同じで「必須脂肪酸」というものも存在します。
炭水化物は体に入ると糖質(ブドウ糖)に変わります。
こと糖質ですが『必須糖質』というものはありません。
糖質は体で合成されるんですね。
肝臓がタンパク質から糖質を作ります。
脂質からも糖質を作ることができます。
それが最近よく言われるケトン体と言われるものです。
それらを考えると炭水化物をここまでメインに摂取するのは間違いだと言えます。

糖質は全ての病気の根源!!

現代の食事を紐解くと完全なる「糖質オーバー」と言えます。
特に日本人は白米・穀物類これらをよく摂取します。
そして調味料。
これだけでもはるかに糖質オーバー。
病気になる人が減るわけがありません。
もちろんこの糖質・・・美容に最も悪いものです。
一生懸命に良い化粧品・高い化粧品を使っていたって糖質の高い食事を摂取していたら意味がありません。
糖質の高い食事で毎日健康のために高いサプリメントを飲んでいたって焼け石に水です。
ここまでいうと「糖質は悪」と思う方がほとんどでしょう。

糖質は必要!!

上記では糖質はとにかくダメみたいに聞こえるかもしれませんが、細胞の代謝には糖質は必要なんです。
特にアスリートの方など良く運動をされている方には絶対的に必要ですね。
糖質はなくなると死んでしまいます。
ようは摂取の仕方・タイミングそして『運動』が最も大切です。
ほとんど運動しない方は糖質は抑えましょう。

健康でいたい・元気でいたい・いつまでも若々しく綺麗でいたい
そんな方はまず「糖質」を見直してください。

ちなみにアトピーなどでお困りの方も「糖質」を見直してください。

ピックアップ記事

  1. 物事の本質を知る!!

関連記事

  1. ブログ

    頭皮は大地!!

    髪の変化は頭皮の変化年々髪が変わってきている・・・そう思いの方多い…

  2. 北見の美容室

    ブログ

    春です!!そう山菜!!

    どうもヒロユキです。春ですねぇ~。昨日は寒かったが今日は日が出てて…

  3. ブログ

    間違いだらけの栄養学〜脂質編〜

    低脂質が健康のため!!みなさん「脂」と聞くと健康に悪いと思っている…

  4. ブログ

    京都・大阪研修の旅 〜京都お礼参の編〜

    どうもマックスです。今回は最終回で京都お礼参の編でございます。3日目昨…

  5. ブログ

    縮毛矯正の必殺技!「お洋服アイロン技法」

    どうもシャンプーソムリエのマックスです。先日断髪式を行いました。この長…

  6. 身体・健康

    腸で始まり腸で終わる!! 〜序章〜

    どうもヒロユキです。今回はいつもと違う話をしようかと。うちのお店は…

おすすめの記事

アーカイブ

  1. ブログ

    思い
  2. 北見の美容室

    ブログ

    たかがシャンプーされどシャンプー
  3. 頭皮ケア&育毛

    あなどるな!注意!!要注意!ヘアカラーの刺激や痒みは絶対NG!!
  4. ブログ

    H3+に行ったら髪の毛を綺麗にしてくれる!と他の美容室から紹介
  5. 北見の美容室

    ブログ

    情報を処理し物事を見極める!
PAGE TOP