ブログ

本当にあった怖い話 〜第弐話

どうもマックス稲川です。

今回は本当にあった怖い話第弐話です。

これは今から約6年くらい前のお話です。

その日は日曜日で参観日でした。

参観日は午前中で終わるためその後遊びに行く予定でした。

自分は早めに参観日を切り上げスタンドに行き洗車とガソリンを入れに。

学校に戻る前に一度嫁さんに参観日が終わったか確認するため電話を入れましたが

電話に出なかったため電話を切り学校へ向かいました。

学校に着いてから間もなく嫁さんから電話が

嫁 「さっき電話した?」

俺 「うんしたよ。」

嫁 「何回した?」

俺 「1回だけだよ」

嫁 「そっか・・・。とりあえず車に入ってから話すわ」

何のことだかよくわかりませんでしたが、嫁を待つことに。

数分後嫁と子供たちが車に戻ってくる

嫁さんは不思議そうな顔をして俺にこう話し始めました。

嫁 「さっき携帯を見たら着信アリになっていたのね。1件はヒロちゃん(ヒロは俺の本名です)からでもう1件がさ・・・自分からなんだよね」

俺 「??? 自分から? 自分から着信が来たってこと?

嫁 「そうそう。しかもさ留守電も入っているのさ。てっきりヒロちゃんが留守電入れたと思って聞いてみたらさ・・・自分の声で息子の名前を何度も叫んでいる留守電が入っているんだよ」

俺 「えっ? どういうこと? 自分が子供の名前を叫んでる声が入ってるって何?」

嫁 「ちょっと携帯見て留守電聞いてよ」

そして携帯を確認してみると本当に自分からの着信になっていました。

そして留守電も確認する

俺 「・・・えっ? 何これ? 本当だ・・・。」

本当に嫁さんが息子の名前を叫びながら連呼してました。

本人は呼んだ覚えもないし、呼んでたとしてもなぜそれが留守電に入っているのか?

その時私が思い出したのがホラー映画の「着信アリ」

この映画に非常に似た出来事です。

正直「嫁死ぬのか?」と思ってしまいました。

でもそのあとは何もなく遊びに行きました。

次の日に嫁が昨日のことが気になり着信履歴を調べてみると、自分からきた着信のみが消去されていました。

あれっ?と思い留守番電話を聞いてみようと探すもその留守番電話だけ消去されてました。

一体あの体験は何だったのかいまだに謎です。

The following two tabs change content below.
東博行

東博行

代表H3+ Luce
髪の健康を第一に考えた毛髪知識をもとに、どのような髪の悩みでも的確に対応。一般のお客様やプロである美容師からの講演の依頼も多く、雑誌や新聞などのメディアでも度々取り上げられている。

関連記事

  1. ブログ

    ヘナについてのコラム更新!!

    どうもマックスです。11月6日に一般の方向けのヘアケアセミナーを開催!…

  2. ブログ

    枝毛についてのコラム更新!!

    どうもシャンプーソムリエのマックスです。今回も私が執筆しているサイト「…

  3. ブログ

    とにかく髪を綺麗にすることができます

    どうもどうもどうも大阪でのキン肉マンとのツーショット。キン肉マンファン…

  4. ブログ

    人間はアナログなんです!体に便利なものなんてない!!

    人間の体に「簡単」「便利」なんてない!!本当にこの世の中「簡単・安…

  5. ブログ

    H3+に行ったら髪の毛を綺麗にしてくれる!と他の美容室から紹介

    うちのお店は「他の美容室からの紹介」が多いのです。それは本当に嬉し…

  6. ブログ

    帳尻は合うもんだ!

    どうもシャンプーソムリエのマックスです。今年は近年の中でも雪が少なく…

おすすめの記事

アーカイブ

  1. ブログ

    基本がわかれば必ずクオリティーが上がる
  2. スキンケア

    マイクロナノバブルシャワーヘッド!!
  3. テクニック

    好きです縮毛矯正!!
  4. 北見の美容室

    ヘアケア

    これからは「マイナス」のケア!!
  5. ブログ

    超ハードで内容の濃い二日間!!
PAGE TOP