北見の美容室

ブログ

大切な自分の髪ですよ!!

どうもヒロユキです。
本当であれば前回の続きでヘナのお話をと思っていましたが
ここ最近こんな出来事があったのでお話をしようかと。
私が担当してもう1年半位経つお客様。
うちに来た時は白髪染めを短期的に行っておりかつしっかりとした処理も行なっていなかったためにダメージが強くそれに加えて乾燥毛で膨張する癖毛。
それを改善するためにホームケアを見直し、カラーもムラと色落ちが酷いのでとりあえず見た目が悪いので毛先まで染めとりあえず見た目を治してからケア開始。
そこからはひたすら根元のみを染めていました。
何度も髪の話やケアのこと、毎回根元だけ染めますねとお伝えしてました。
しかし先日こんなことを言われました。
 
お客様 「あのねこの前、髪が染まってなかったのよ。ここに来てカラーをした後親戚に会ってカラーしてきたことを伝えたら、”全然染まってないよ” って言われて鏡で見てみたら染まってないのよね。いつもと何か違うことしたの?」
わたし 「えっ?どの部分が染まってないのですか?」
お客様 「中間から毛先にかけてほとんど染まってないのよ。毛先なんて明るくなっているし。」
わたし 「・・・。◯◯さん中間から毛先は染めてないですよ。いつも根元しか染めてませんよ。毛先を染めたのは初めて来た時だけでそれ以来根元しか染めてないですよ。
お客様 「あらそうでした?それなら染まっている訳ないですよね。」

私のことを信頼してお任せになっているのは私としてもとても嬉しくありがたいことです。
それでももっと髪のことをそして私たちが行っていることを理解・納得していただく為にお話をしているのに・・・
何をやられているのかすら分かっていなかった・・・
これも自分の髪がボロボロになる一つの原因でもあると私は思っています。
信頼のある理美容師さんに委ねて任せるのはいいと思います。
でも自分の髪。
自分の髪に行われていることに対して「無関心」はどうかと。
どんなに信頼していても「何を行っているのか?・なぜそれを行うのか?・なぜそれを自分に使用しているのか?」など把握することは大切。
確かに髪を痛ませているのは理美容師。
でもしっかりと関心をもっていれば防げたダメージもあると思います。
理美容師さんがしっかりと説明しているのに聞いていな・聞き流す・面倒くさい・よくわからない、そんな思いでスルーしてませんか?
確かに一般の方相手にわかりづらい説明・専門用語の乱用などで理解できない時もあると思います。
それは伝える側も問題もあると思いますが、でも関心を持ち少しでも知識を持っていてそして理美容師さんの話に理解・納得ができなければ『断る!』ということもできるはずです。
これはうちらに限ったことではなく全てにつながることだと思います。
髪をキレイにしたい
そんな思いがあるのであれば自分自身での勉強も必要です。
「無関心」はダメです。
髪に関心がなければ話は別ですが・・・。
もう少し理美容師のお話に耳を傾けてみてください。
理解や納得ができなければもっと質問するとかそのような悩み相談を受けている理美容師さんもいます。
そういうところにメールを出して質問するのも一つの手です。
私もご相談や質問など受け付けております。
気軽にご連絡ください。
納得のいくまでお話をしますよ。

ピックアップ記事

  1. 物事の本質を知る!!

関連記事

  1. ブログ

    当店に新しいスタッフが!!

    どうもシャンプーソムリエのマックスです。昨日北見で勉強会を行いました。…

  2. ブログ

    シャンプーって本当にいいの?

    シャンプーは必ずしもいいとは限らないほとんどの方が毎日のように…

  3. ブログ

    見た目は〇〇の写し鏡!!

    見た目とは外側のこと皆様は外側を綺麗に見せる、綺麗にして行く為に様…

  4. ブログ

    大都会!!〜東京ってすごいね〜

    今回は完全プライベートブログですので気楽に書きます(笑)先日6…

  5. ブログ

    最高のお言葉頂戴いたしました!!

    先日新規のお客様からこんなLINEをいただきました。この上ない嬉しいご…

  6. 北見の美容室

    ブログ

    春です!!そう山菜!!

    どうもヒロユキです。春ですねぇ~。昨日は寒かったが今日は日が出てて…

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 北見の美容室

    勉強会・セミナー

    東大追加日程
  2. 頭皮ケア&育毛

    円形脱毛症・ヘアカラーを甘く見るなっ!!
  3. 北見の美容室

    ブログ

    ネガティブを変える必要はない!
  4. ブログ

    思い
  5. ヘアケア

    シャンプーを選ぶ基準
PAGE TOP